忍者ブログ

おーる

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

危機


・・・またぁ・・・?(呆)。これまた2014年4月12日の東京新聞の朝刊です。「ネット通販など情報流出危機 暗号化プログラム欠陥」という見出しがでかでかと・・・。ちょっとぉ・・・、暗号化していないの意味ないじゃん・・・。しかも世界中で広く使われているオンライン情報の暗号化プログラムときた。うち絶対その中の一人ですわ。それも深刻な深刻な欠陥だそうです。これにより、インターネット上の個人情報が盗まれる可能性があるそうです。欠陥が発見されたのは7日。グーグルの研究者の方々だそうです。「ハートブリード(心臓出血)」と呼ばれるそうです。・・・2年前から分かっていたことを今?!。この欠陥は、「オープンSSL」と呼ばれるプログラムに二年前から潜んでいたんですってよ?。
なぜ2年前に分かっていたのに対策しなかったのよ。深刻な事態に陥ってから発表しても遅いんだよ、日本のどこかの電力会社みたいにさぁ(笑)。解決策はあるのでしょうか。
ちなみにこのプログラムが使われているサイト、銀行やネット通販などのサイトだそうです。サーバに保管されているパスワードやクレジットカード情報が盗まれる危険性がある。けれども、サイト利用者側で対策をとるのは困難なのだそうです。情報流出の有無の確認も・・・。専門家によると、「利用者がログインIDやパスワードの変更を行うと問題が悪化する可能性がある」というのです。ということは、利用者側での対策は、ログインIDやパスワードの変更を行わないということですね。10日までに対応に乗り出した企業名も記事にあります。グーグル、アマゾン、フェイスブックの3社。3社だけ?!、他は?!。というか、日本ではどうなっているのか、楽天やアパレルショップのネットショップは・・・。
もうインターネット利用しない方がいいのではないかと思ってきましたよ・・・こうなると・・・^^;。こちらとしては、やはり信用して利用していますから、こういうことがあるともう怖くて・・・。

催眠療法サービス、前世を知る
催眠 前世

ゴミの回収サービス、愛媛県松山市
ゴミ回収松山
PR