忍者ブログ

おーる

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

劣化


2014年4月12日の東京新聞の朝刊の考える広場のコーナー。この日のテーマは、「昔の方が良かった?」というもの。3人の方が載っていたのですが、うちが特に強く惹かれたのは池上賢(いけがみさとる)さんの欄。“例えば大学生の学力低下の問題は、昔なら大学に行かない層が進学しているから、との指摘がある”という点。池上さんは、立教大兼任講師です。池上さんは、なぜ日本が劣化したと考える人がこんなに増えたのか、このように考えるそうです。“メディアや評論家が自分の主張を裏付けるために、都合のいい「劣化した日本人像」を構築してきたため”と。例もありました。
ゲームに夢中になってモラルを失った子供、ネットの影響で人間関係を築けなくなった若者。・・・それはあるかもしれません。池上さんが参加した研究会が2010年に実施した調査によりますと、回答者の9割が、日本社会は劣化が進んでいると考えていたそうです。特に劣化が進んでいると思う分野は、「教育・しつけ」86%、「モラル・道徳」84%という結果だそうです。2010年の時点の調査で、これだけの人が日本社会は劣化が進んでいると感じていたのですね・・・。今はもっと多くなっているのでしょうか・・・。しかし、池上さんはこの認識が正しいか疑問に思うそうです。なぜなら、教育やモラルは客観的な指標化が難しい項目なのだそうです。社会の変化に有効な対策を打ち出せない状況を「劣化」と読んでいるだけではないかと池上さんはおっしゃっています。しつけの問題も、町内会のコミュニティの消失も、親が子育てを学べなくなったという変化も背景にあるとのこと。そして、昔は良かったという本は売れるのだそうです。社会状況が不安定になり、若者批判が、ある種のはけ口になってしまっているそうです・・・。
客観的な著述は売れない、バッシングの方が売れると、研究会の調査に答えた有名な若者論の方もいたそうです。世の中間違った方向に進んでいる・・・。

マッサージチェアの出張買取り、愛媛県のリサイクルショップ
マッサージチェア 買取 松山
製氷機リサイクル愛媛県
引越しの大量ごみ処理
スピーカーの買取屋松山
業務用クーラー引取り
電化製品を買取り松山
テレビ 買取 松山
家電 買取 松山
電子ピアノ引取り 愛媛県
冷蔵庫 買取 松山
りさいくるや
家具 買取 松山
電子 ピアノ 買取 松山
ギター買取松山
PR