忍者ブログ

おーる

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

古着


2014年4月12日の東京新聞に載っていたのですが、節約活動 古着で一石二鳥という記事です。はじめのうちは、ふむふむなるほどいいこっちゃ、着なくなった服を有効活用かぁ♪と読んでいたのですが、最後の方はアレ・・・?はたしてこれでええのかえ・・・?と思ってきたのです。各自治体によっては無料で古着を回収してくれるところもありますよね。うちはそちらを活用しています。ホームレスの方もゴミ捨て場なら持っていきやすいでしょうし^^。記事によりますと、外資系アパレル大手の「H&M」。H&Mは、他のブランドでもOK、穴が開いていてもOK、服は何の袋に入れてもOK。一袋につきクーポン券1枚をくれるのだそうです。
H&Mの店舗で3,000円以上の買い物をする時に、商品一点から500円の割引を受けられるのだそうです^^。H&M買ったことないなぁ。ユニクロでも回収箱を観たことがありますが、ユニクロの場合はユニクロの商品のみの回収ですからね。
H&Mの場合はどのブランドもいいと来た。でもそれも戦略ですよね^^。他のブランドの服、穴が開いていて着られない服を回収してクーポン券を渡す。H&Mもお人よしだなぁ・・・損をしている・・・と思うかもしれません。それが逆なのですよね^^。他のブランドの服でも、自社製品の材料になりますし、穴の開いた服も同様で再利用して、H&Mでしか使えないそのクーポンを使って買い物をしてもらう。H&Mにとってはメリットばかりです。大体服なんてものは、ブランド名がつくかつかないかで価格が決まっているので、有名ブランドと同型で安く売りだしているショップもネット上にはたくさんあります。ですので、アパレル企業によってはブランド名は違う毛ど服は同じものということがよくあるようです^^。
流れも記事にありました。回収した古着は、スイスに本部がある提携先のリサイクル企業が仕分→着られる服は世界各地で売り、着られない服は素材や資源として再利用する。
ここ眼で記事を読んでいくと、地球にやさしく素敵な活動だなとなります。記事の最後の方で気になることが・・・。世界一の回収国が書かれていました。そうです、「日本」です。世界一の回収率だとのことです。昨年3月の開始から回収した古着は388トン。・・・ポジティブに考えますと、もったいない精神が素晴らしい!!!となります^^。ただし、ネガティブに考えることも出来ます。お金がないから少しでも安く手に入れたい、無駄に服を買って不要になったら捨てる、むしろ服に無駄にお金をかけていてぜんぜん地球にやさしくない日本人として見られてしまう。どちらかはわかりません、日本が他国からポジティブな理由で見られているのか、ネガティブな理由で見られているのかは・・・。
うちの考えとしては・・・、ネガティブな理由の方で、その中の日本が貧乏になってきているという理由が当てはまるのではないかと、記事を読んだときに真っ先に頭の中に浮かびました。イマドキの大学生のサンデー版にも、よく利用するファストファッション店の一位がH&Mでしたし・・・。でも、リサイクル精神を持っているというのはいいことだと思います^^。仕送り額も減っている、その中でうまくやりくりするということですから^^。H&M店舗で3,000円以上の買い物となると、結構そろえることができると思います。一点一点は安いですから^^。そして・・・、ここにもつながるのですが、半年間に使う洋服代の金額にも当てはまります・・・。女の子でだいたい月4,666円。男の方がよりあてはまる額です。そこにクーポンを使って500円の割引を受けて、流行の服を買う。l着なくなった服をH&Mに持って行ってクーポンをもらう。また流行の服を買う。これを繰り返すことにより、家の中が不要な(せっかく買ったのに着ない)服はなくなってスッキリしますし、ストレスもないですし、流行の服を買うことも出来、なおかつ地球にやさしくいいことだらけです^^。
色々な所に繋がっていきますね。

SEO ホームページ
SEOビッグキーワード サービス
低価格 SEO企業
検索エンジン対策被リンクサービス
ビジネスブログ 被リンクSEO
ホームページ被リンク SEO
検索エンジン対策 上位表示
格安 インターネット SEO
Yahoo Google SEO
Google ビッグキーワードSEO
上位表示 SEO
激安 SEO 料金
安い被リンクサービス
上位表示 検索結果
PR